お腹に効くポーズ

| 未分類 |

 

 

きゅっとくびれたウェストラインは魅力的な女性の憧れのスタイルです。食事や運動など様々なダイエット法がありますが、鳩のポーズと呼ばれている古代インドから伝わるエクササイズがあり、ウエストラインを部分的に理想の体型に近づけるめの運動として人気が高いです。

 

鳩のポーズは呼吸法と組み合わせて行います。まず体育座りの状態から、右ひざを外側に倒し、左足をまっすぐ後ろに向かって伸ばして座ります。左の足先を持ちあげ左のひじで支えながら、右手を頭上から回して曲げて左手の平をつかみます。終始腰や背筋は伸ばしたまま行います。

 

ゆっくり自然呼吸しながらそのままの姿勢を30秒ほど保ちます。それから息を吐きながら元の姿勢に戻します。反対側も同様に行います。お腹やウェストを引き締め、バスとアップもして美しい体型を作る助けになります。そればかりでなく、内臓機能を整え、女性の敵である冷えの改善にもなります。また他にもホルモンの分泌を促し、若返り効果が期待できる鋤のポーズというものもあります。まず仰向けになり両手は足に向かって伸ばします。息を吐ききったら、今度はゆっくりと息を吸いながら両足をまっすぐ上に向かって垂直にあげます。

 

そのまま頭のほうに足をもっていき、つま先を床につけます。そのままの状態で2~3回腹式呼吸します。静かに息を吐きながらゆっくりと足を元に戻します。これらのポーズは美容と健康のために大変お勧めです。